履歴書の特技の書き方・例・趣味など様々な角度から考察して分析してみましょう。履歴書の特技情報!

履歴書の特技の書き方!





履歴書の特技の書き方について考えましょう。

  

履歴書の特技の書き方

履歴書の特技の書き方はどう書けば?就職活動する上で履歴書を書く事は必須でその中でも特技欄にはどんな事を書けば悩む人が多いそうです。確かにあなたの特技は?っていきなり聞かれてもほとんどの人はあまり答えられないと思います。

だからここは気楽に考えて書き方を勉強しましょう。まず特技がない!と思っている人多いと思います。ですが趣味がない人は少ないですよね?その趣味の中で自分が得意なところを特技にしてしまうのです。例えば旅行が趣味の人で時刻表に詳しい人はそれだけで特技になったりします。

他にも履歴書の特技欄を埋める書き方としてはとにかく自分が今まで夢中になった事を思い出して、それを特技として書く方法があります。面接官もよっぽど変わった特技じゃない限り突っ込んだ質問はしてきませんので。

またこういう書き方もあります。例えば車を運転する人で地図が無くても道を迷わないでいける人がいたとしまして。実際こういう人いますよね?でもこんな事でも履歴書の特技欄に書くと特技に見えるから不思議です。(笑)意外と効果的ですよ。


履歴書の特技の書き方の例

履歴書の特技の書き方の例としては、「私は楽器が演奏できます。楽器はピアノでショパンが弾けます」。もうこれだけで例は十分でしょう?え?中々そんな人はいない?記入例としてはおかしいって?では「私はビリヤード(ボーリングでも良いですね)が特技です。」これならけっこういるでしょう。

つまり特技はプロ級じゃなくても良いのです。そこそこ出来る事を特技欄に書くのです。アルバイト経験者ならアルバイトから得た経験を特技にする方法もありますよ。これなら何とか書けそうですね。

履歴書の中でも人事担当の人や面接官が重視するのは、新卒と転職者では違いますが、学歴と職歴を除いては志望動機と言われています。特技は目立つものがなければそれほど気にしないで肩の力を抜いて書きましょう。

ではそれでも特技が見つからなくて書けない人は?どう履歴書に書けば良いでしょうか?特技欄を何もかかないで空欄にするのは明らかに減点されますので特技までいかないけど得意なものを書くしかないですねー。


履歴書の特技や趣味の書き方

履歴書の特技や趣味の書き方についてですが、履歴書の項目の中では志望動機などに比べてそれほど面接官は重要視しません。就職に際して特技が必要な仕事なら別なんですが、実際はそんな仕事はあまり無いですよね?仕事の種類としては芸術・芸能関係は特技があった方が有利ですが。

また体力勝負の仕事の場合は運動部に入っていた事を履歴書の特技欄に書けます。転職する際にも今まで培ってきたスキルや能力を書く事が出来ます。特にスキルを特技欄に書くと面接担当官も注目しますよ。「特技欄にスキル書くとはよほど自信があるに違いない」と勘違いするかもしれません。(笑)

ハッタリは多少必要ですが、履歴書に嘘を書いても後でばれるとまずいですが多少大げさに書いても良いでしょう。実際に趣味でも特技でもプロ級の腕を持っている人はそういないと思いますので。

どちらにしても趣味と特技の項目欄は内容的にかなり近いものがあり、どちらも履歴書に書く時には志望動機よりは評価が低いぞ!って思いながら書けば気楽に書けますよね?

「履歴書の特技の書き方!」について